戦略的原価管理(戦略的コストマネジメント)

 

経営戦略遂行のための原価管理
戦略的原価管理では、「原価企画」・「原価低減」・「原価統制」の優先順位で3つに分けて管理する。


「原価企画」
製品原価の上流である開発設計段階まで遡って原価低減をおこなう活動。
原価企画はトヨタ自動車が1960年代から独自に開発した戦略的利益管理・原価管理手法のことで、欧米にも広く普及している。

予想競争市場価格−必要利益=目標原価
という算式で目標原価を求め、
さらに、目標原価−成行原価=原価削減目標額
で原価削減目標額を求め、この目標額を達成するために、「開発設計段階」まで遡った検討を行う。


「原価低減」
原価低減活動は、PM分析等を通じて改善点をリストアップし、問題解決に向けて努力していくことやIE、VA、VE、OR、特殊原価調査などの手法を使い、原価低減を行う。


「原価統制」
あらかじめ決めた原価基準と実際原価が一定の範囲に収まるように統制をするため、製品の標準化を進めることやコストセンター別の管理を行う。

 

 


原価計算だけで満足していませんか!

―利用目的別原価管理のすすめ

関連商品
やさしくわかる原価計算 (入門ビジュアル・アカウンティング)
「管理会計の基本」がすべてわかる本
図解入門ビジネス 最新 原価管理とコスト削減がよーくわかる本
―原価管理の基本&コスト削減ノウハウ

知りたいことがすぐわかる!「原価」のしくみの入門書
決定版 ほんとうにわかる管理会計&戦略会計