スループット会計とは?


ザ・ゴールでおなじみのTOC(Theory Of Constraints)制約条件の理論は全体最適理論である。
このTOC理論に基づいて、「現在、将来にわたって儲け続ける」ために、評価したり、意思決定を導くための手法として、スループット会計はこの考え方と連動した会計である。
スループット会計は、単に会計処理をではなく、数字を通じて経営管理の考え方を整理したものである。

現在の原価計算の大きな問題は、間接費用の比率が大きく増えてきているにかかわらず、直接費用等と連動させて間接費用を配賦していることにある。その背景に直接原価計算が有意義に機能する。

スループット会計は、直接原価計算の発展した姿にも見える。
主な違いは、スループット会計の変動費は材料費だけにし、あいまいな変動費議論は排除している。また、直接原価計算は、在庫額について明確ではないが、スループット会計は在庫額を付加価値の含めないという単純化し明確である。


実際の計算式
1.スループット(T:Throughput)
売上-材料費(変動費ではなく材料費のみ)

2.在庫額(I:Inventory)
在庫額には付加価値を含めない

3.業務費用(OE:Operaiting Expense)
売上に変換するすべての費用

4.利益(Net Profit)
スループット-業務費用(T-OE)

スループット会計の3つの重要なポイント
「スループット」の増加
「在庫」の減少
「業務費用」の減少
この3つの指標でTOCの考え方がリンクする。

さらに
T/I (スループット/在庫)
T/OE(スループット/業務費用)
の指標を評価に加え、スループットの増加と連動して、在庫削減・業務費用の適正化が連動することになる。