原価管理

トップ  >  ★原価計算  >  バックフラッシュ原価計算

 

バックフラッシュ原価計算とは?


トヨタ生産方式のジャストインタイムでは、「必要なものを必要な時に必要なだけ」の生産活動を行っている。実現すれば在庫は限りなく減少する。 
従来の見込み生産で大量に在庫を抱えるようなことはなく、客先からの注文書から短いリードタイムで受注生産で生産が行われる。
この生産方式を背景に新しく工夫された方式が、バックフラッシュ原価計算である。

バックフラッシュ原価計算とは、
ジャストインタイム生産方式を採用する企業が、原価計算に要する手数と経費を節約するために工夫した原価計算である。
当期に発生した製造費用はすべて売上原価勘定の借り方に記入しておき、期末になって残った在庫品へ、製品単位当たり標準原価または予算原価を利用し、売上原価勘定からその製造費用をバックフラッシュ(逆流)させる。あるいは差し戻す原価方式をいう。

期末に標準原価差異が発生すれば、原価差異勘定に振替、少額の場合は売上原価勘定へ、多額の場合は関係する期末在庫品と売上原価勘定へ割り振る。 
(原価計算6訂版岡本清著より)
 

関連ページ

配賦とは

直接原価計算

スループット会計とは

 

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:32 平均点:5.63
前
配賦とは?
カテゴリートップ
★原価計算

経営管理系ピックアップ

 

原価計算   原価計算から原価管理へ

原価管理    コストダウンにつながる原価管理

 

予算管理    形骸化した予算管理から脱却

管理会計    伝統的管理会計から新しい管理会計へ

新管理会計    新しい時代にあった管理会計 

 

生産管理    生産管理の基礎から応用

物流管理    物流管理から進化ロジスティックス

資金管理    どんぶり会計から脱却!  

 

不正・粉飾    不正経理・粉飾決算のパターンと事例

倒産企業    倒産についての知識と倒産事例

 

 

 

 

 

 

コンテンツ

TOP
★原価管理
★原価計算
★管理会計
★ABM活動基準原価管理
★バランス・スコアカード
★スループット会計
★予算管理
★不正経理
★震災後の景気
資格の大原 税理士講座

資格の大原 ファイナンシャル・プランナー講座

資格の大原 宅建主任者講座