原価管理

トップ  >  ★原価計算  >  原価計算とは

原価計算とは?

  企業をめぐる利害関係者、とりわけ経営管理者に対して、企業活動の計画と統制及び意思決定に必要な経済的情報を提供するために、企業活動から発生する原価、利益などの財務的データを認識し、測定し、分類し、要約し、解説する理論と技術である。 制度会計上では、製品の原価を算定するのみであるが、管理会計の原価計算として、本来の経営管理や経営分析を行うことにより、経営改善につなげたい。

 

原価の分類

 

(1) 形態的分類  原価は、材料費(製品を生産するために、物を費消することにより発生する原価)・労務費(人的サービスの提供を受けることにより発生する原価)・経費(上記以外の要因により発生する原価)という、3種類の最も基礎的な原価に分けられる。

 

(2) 管理可能性に基く分類  原価はコントロールできるか否かにより、管理可能費と管理不能費に分類される。また、部課ごとにその発生が認識される個別費と全社的に発生する共通費とがある。個別費の多くは管理可能費である。 管理可能費について責任者を明確にしていくことが、ポイントになる。

 

(3) 売上高の変化に基く分類  販売数量の増減に応じて比例的に発生する原価を変動費といい、販売数量にかかわらず定額発生する原価を固定費という。 いかにして固定費を回収し、それを超えて利益を確保していくかが重要である。  

 

原価計算の種類

 

(1) 実際原価計算
  実際に発生した原価に基いて原価計算を行う方法を実際原価計算という。実際原価計算は、一見真実の原価のように考えられるが、生産量や生産条件によって左右されるため、必ずしも適正な原価であるとは限らない。また、計算期間が終了しないと原価が判明しないという問題点もある。 生産量によって原価が変わるため、売価の設定が難しくなる。

 

(2) 標準原価計算
  予め製品ごとに科学的方法によって算定した原価標準を決めておき、これに実際生産量を乗じて原価を計算する方法を標準原価計算という。原価標準を設定することにより、実際に発生した原価との差異分析が可能となる。 差異分析により経営上の問題点が明確になる。

 

(3) 直接原価計算
  直接原価計算とは、原価を変動費と固定費に分解し、売上高からまず変動費を控除して貢献利益を算定し、さらに貢献利益から固定費を控除して営業利益を計算する方法をいう。直接原価計算を行うことにより、CVP分析(利益計画)を容易に行えるようになるが、税務申告の際には、一定の調整が必要となる。 貢献利益で固定費を回収し、余った部分が利益になるという考え方である。固定費の回収洩れという事態を避けられるようになる。  

 

 

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:26 平均点:5.77
カテゴリートップ
★原価計算
次
原価計算の目的

経営管理系ピックアップ

 

原価計算   原価計算から原価管理へ

原価管理    コストダウンにつながる原価管理

 

予算管理    形骸化した予算管理から脱却

管理会計    伝統的管理会計から新しい管理会計へ

新管理会計    新しい時代にあった管理会計 

 

生産管理    生産管理の基礎から応用

物流管理    物流管理から進化ロジスティックス

資金管理    どんぶり会計から脱却!  

 

不正・粉飾    不正経理・粉飾決算のパターンと事例

倒産企業    倒産についての知識と倒産事例

 

 

 

 

 

 

コンテンツ

TOP
★原価管理
★原価計算
★管理会計
★ABM活動基準原価管理
★バランス・スコアカード
★スループット会計
★予算管理
★不正経理
★震災後の景気
資格の大原 税理士講座

資格の大原 ファイナンシャル・プランナー講座

資格の大原 宅建主任者講座