原価管理

トップ  >  ★原価計算  >  標準原価計算

 

標準原価計算



標準原価計算の必要性


 実際原価は製品の製造のための実際に要した原価であるから、それは「真実の原価」であると考えられていた。
しかし、製品の実際原価の中には、価格・能率・操業度その他原価に影響を及ぼす要素のあらゆる偶然的変動がそのまま混在している。そのため、実際原価はそのままでは、原価管理に使えないのである。
また、実際原価の計算は全ての費目の金額が判明してからでないと行えないため、タイムリーな原価情報を提供できないという現実的な問題もある。

これらの点を克服するため、統計的・科学的方法により製品一単位の生産に必要なコストを予め算定しておき、この単価に実際生産量を乗じて、製造原価を求める方法「標準原価計算」が考案された。

標準原価計算を適用することにより、偶然的な価格や操業度の変動により営業成績が左右されることがなくなる。また、売上があがった時点ですぐに粗利が分かるようになるのもメリットである。


原価標準の設定


 標準原価計算の第一歩は、原価標準(製品一単位あたりの原価)の設定から始まる。
まず材料費については、その製品一単位を製造するのに必要な材料の消費量を算出し、各々の消費量に正常価格を乗ずることにより算定する。
次に、直接労務費については、製造に必要な要員の工数(人時間)に標準賃率(時給)を乗じて求められる。 
さて製造間接費であるが、製造間接費は固定費であるから製品一単位あたりの費用を算定するには、一定の計算が必要である。ひと月に発生する製造間接費の総額をその会社にとって正常と考えられるひと月の操業時間で割って一時間あたりのコストを求め、これに製品一単位あたりの正常製造時間を乗ずれば求められる。 

原価標準の設定のポイントは、「努力すれば達成可能」な水準とすることである。
到底達成が不可能な目標や、余裕で達成できる目標では目標としての意義を失ってしまう。言い換えれば、原価は毎年下げていくものという考え方ができる。


標準原価計算の方法


 標準原価計算には、「パーシャルプラン」と「シングルプラン」の二種類の方法がある。

「パーシャルプラン」とは、材料費・労務費・経費は実際原価で計算を行い、製品原価のみ標準原価を設定する方法である。そのため、原価差額の把握も製品単位までしか行えない。

これに対して「シングルプラン」とは、個々の材料や直接労務費そして製造間接費に至るまで標準使用量と正常価格を設定し、それぞれの原価差額を把握する方法である。(その結果として、製品は必然的に標準原価となる。)

さらに加えて、「修正パーシャルプラン」という方法もある。この方法は、材料及び直接労務費については標準原価を設定するが、製造間接費については実際原価を採用する方法である。


原価計算には成長過程が必要である。最初からいきなりシングルプランを構築しようとしても、管理体制が追いつかず挫折してしまうケースが多い。最初は自社の実力に応じた方法を採用し、徐々に実力アップを図っていく方法が望ましい。


原価差額の分析


 標準原価計算により原価差額を把握したら、その内容を以下のような差異に区分して分析する必要がある。ただし、このような会計的分析は原因を調査する出発点に過ぎず、それを裏付ける技術的分析が不可欠である。原価計算が生産管理の裏返しと呼ばれる理由が
ここにある。

材料費  材料価格差異/材料数量差異

直接労務費  労働賃率差異/労働時間差異

製造間接費  操業度差異/予算差異/能率差異

原価差額の発生を避けるために、標準原価計算を避けている会社があるようですが、こうして考えてみるとそれは全く逆の発想で、原価差額の発生原因を調査・分析して、その対策を考えることにこそ意義があるように思います。事なかれ主義では会社は衰退する。

 

 

 

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:23 平均点:4.78
前
予定原価計算
カテゴリートップ
★原価計算
次
直接原価計算

経営管理系ピックアップ

 

原価計算   原価計算から原価管理へ

原価管理    コストダウンにつながる原価管理

 

予算管理    形骸化した予算管理から脱却

管理会計    伝統的管理会計から新しい管理会計へ

新管理会計    新しい時代にあった管理会計 

 

生産管理    生産管理の基礎から応用

物流管理    物流管理から進化ロジスティックス

資金管理    どんぶり会計から脱却!  

 

不正・粉飾    不正経理・粉飾決算のパターンと事例

倒産企業    倒産についての知識と倒産事例

 

 

 

 

 

 

コンテンツ

TOP
★原価管理
★原価計算
★管理会計
★ABM活動基準原価管理
★バランス・スコアカード
★スループット会計
★予算管理
★不正経理
★震災後の景気
資格の大原 税理士講座

資格の大原 ファイナンシャル・プランナー講座

資格の大原 宅建主任者講座