原価管理

トップ  >  ★原価管理  >  得意先別利益管理

得意先別利益管理


原価管理・管理会計では、見方の切り口を変えるだけで、新たな事実が発見されることが多い。一般的なところで、「得意先別利益」や「製品別利益」、「営業所別利益」などがある。

得意先別の売上高の管理は当たり前に行われている。これは売掛金管理とも連動することになるのでデータは揃っている。では、得意先別の利益を把握しているかというと概算的な感覚はあるものの意外に把握している企業は少ない。
経営者は、得意先別の利益を改善するには限界があると思っているのである。

経営者に対し、このレポートを見せることが改善へのアクションにつながる。

 


 業種によって違うが、製造原価と物流・販売促進費などの費用も加えるかなりシビアに捉えることができる。この場合の製造原価は、財務会計と切り離し、標準原価を製造原価としても大きく判断は狂わない。

(売掛金管理からの)得意先別売上はどの会社もデータが揃っている。
その売上データに対して、製品別の製造原価(標準原価など)と得意先別の物流費、販売促進費、販売費用を把握することによって、得意先別の利益が管理できる。

得意先別の利益やコストを見える化することで、過剰な負担などが明らかになることなど、負担割合を減らす交渉を行うこともでき、総原価を改善できる場合も多い。

 

 

 

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:92 平均点:5.76
前
差額原価分析
カテゴリートップ
★原価管理
次
標準原価の必要性

経営管理系ピックアップ

 

原価計算   原価計算から原価管理へ

原価管理    コストダウンにつながる原価管理

 

予算管理    形骸化した予算管理から脱却

管理会計    伝統的管理会計から新しい管理会計へ

新管理会計    新しい時代にあった管理会計 

 

生産管理    生産管理の基礎から応用

物流管理    物流管理から進化ロジスティックス

資金管理    どんぶり会計から脱却!  

 

不正・粉飾    不正経理・粉飾決算のパターンと事例

倒産企業    倒産についての知識と倒産事例

 

 

 

 

 

 

コンテンツ

TOP
★原価管理
★原価計算
★管理会計
★ABM活動基準原価管理
★バランス・スコアカード
★スループット会計
★予算管理
★不正経理
★震災後の景気
資格の大原 税理士講座

資格の大原 ファイナンシャル・プランナー講座

資格の大原 宅建主任者講座