原価管理

トップ  >  ★管理会計  >  CVP分析
損益分岐点分析 CVP分析


CVP分析とは?



原価 Cost / 営業量 Volume / 利益 Profit  の相関関係を分析する手法。

損益分岐点分析とも言われている。

 売上高が増減したときに、原価と利益がどう変化するかについて、原価・営業量・利益の関係を分析するCVP分析が必要となる。
 

例えば、売上高が20%アップしたときに、利益も20%増加するだろうか?

CVP分析の公式やCVP分析を行うにあたっては、まず、原価を固定費と変動費に分ける必要がある。(このことを固変分解こへんぶんかいともいう)

固定費とは、売上高の増減にかかわらずかかる一定の費用をいい、変動費とは売上高の増減に伴い増減する費用をいう。

原価 = 変動費 + 固定費

売上高から変動費を控除した残額を「貢献利益」という。

売上高 − 変動費 = 貢献利益

貢献利益 − 固定費 = 営業利益

これらの関係を利用すると、利益がゼロとなる売上高、つまり黒字転換できる売上高を求めることができる。このような売上高を、損益分岐点売上高という。
 
売上高 − 原価= 0

売上高 − (変動費+固定費) = 0

貢献利益 = 固定費

売上 × 貢献利益率 = 固定費

∴ 損益分岐点売上高 = 固定費 / 貢献利益率

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:4 平均点:5.00
前
損益分岐点
カテゴリートップ
★管理会計
次
アメーバ会計

経営管理系ピックアップ

 

原価計算   原価計算から原価管理へ

原価管理    コストダウンにつながる原価管理

 

予算管理    形骸化した予算管理から脱却

管理会計    伝統的管理会計から新しい管理会計へ

新管理会計    新しい時代にあった管理会計 

 

生産管理    生産管理の基礎から応用

物流管理    物流管理から進化ロジスティックス

資金管理    どんぶり会計から脱却!  

 

不正・粉飾    不正経理・粉飾決算のパターンと事例

倒産企業    倒産についての知識と倒産事例

 

 

 

 

 

 

コンテンツ

TOP
★原価管理
★原価計算
★管理会計
★ABM活動基準原価管理
★バランス・スコアカード
★スループット会計
★予算管理
★不正経理
★震災後の景気
資格の大原 税理士講座

資格の大原 ファイナンシャル・プランナー講座

資格の大原 宅建主任者講座