CVP分析とは?



原価 Cost / 営業量 Volume / 利益 Profit  の相関関係を分析する手法。

損益分岐点分析とも言われている。

 売上高が増減したときに、原価と利益がどう変化するかについて、原価・営業量・利益の関係を分析するCVP分析が必要となる。
 

例えば、売上高が20%アップしたときに、利益も20%増加するだろうか?

CVP分析の公式やCVP分析を行うにあたっては、まず、原価を固定費と変動費に分ける必要がある。(このことを固変分解こへんぶんかいともいう)

固定費とは、売上高の増減にかかわらずかかる一定の費用をいい、変動費とは売上高の増減に伴い増減する費用をいう。

原価 = 変動費 + 固定費

売上高から変動費を控除した残額を「貢献利益」という。

売上高 − 変動費 = 貢献利益

貢献利益 − 固定費 = 営業利益

これらの関係を利用すると、利益がゼロとなる売上高、つまり黒字転換できる売上高を求めることができる。このような売上高を、損益分岐点売上高という。
 
売上高 − 原価= 0

売上高 − (変動費+固定費) = 0

貢献利益 = 固定費

売上 × 貢献利益率 = 固定費

∴ 損益分岐点売上高 = 固定費 / 貢献利益率